トップ スケジュール ユーチューブ プロフィール コラム ブログ フォト メディア リンク お問合せ
YULY ロゴ
ミュージシャンと呼ばれる人々


心配するなら動きなさい。

これは最近の私のモットーのひとつ。

不安に思えば思うほど、【ネガティブな意識】にもぐってしまいがちです。潜れば潜るほど、プラスなことは近づいてこないようです。これは悪い循環。どんどん自分が小さくなっていきますしね。もちろん自分の意識だけで誘導できるならば簡単な話しですが、そこは人間ですもん、他の要因が自分のイヤな思考のサークルから抜け出させてくれればありがたいものです。

他人との会話・読書・美術館・ライブ・匂い。

自分の思考を切り替えてくれるものはいろいろとあります。
ここで大事になってくるのが、自分をよい思考へ連れてってくれるものをチョイスする、選択眼。まっすぐな選択眼をもって生きていきたいものです。

自分を夢中にさせてくれるものに、まっすぐに向かう人達を自由でいいな、、
と、うらやましく思う時期がありました。けれど今はそうは思いません。自分の好きなことを仕事にしている人達というのは、どこにも逃げ場がないんだということ。好きなことの楽しさが辛さへと変わってしまう、そしてそこからまた楽しさを取り戻すのはほんとうに大変なことだと思います。

昨日、歌の仕事依頼というタイトルのもと、「仲間と会社をたちあげます」と知り合いの若い女性とのやりとりを見ながらいろいろと感じたことがありました。
前向きで若さあふれる姿勢、それは同姓としてのエールと共に、嬉しくなります。けれど好きな道で生活している方への敬意というのをはらってほしいなと感じることがありました。音楽の道で私が指しているのはミュージシャン。道具ではありません。商品という呼び方も好きではありません。音楽に対しての心構えを持った方、その方たちをミュージシャンと呼んでいます。私はそんな方たちとおつきあいしてるつもりです。

これからいろいろと勉強していかれるのでしょう。素敵な女性が増えてほしいと思います。
(もちろん男性もです^^)
志と覚悟高きミュージシャンに、値する気持ちで接してほしいと思った今日でした。

なんだかかたい話になってしまったかなああ。
けどほんとに感じるんだなー。

こないだ聴きに行ったライブでも、狭い箱であるきタバコ、地べたに座る人らよ、かっこよさを間違えないでね〜

ああ、潮の香りがしてきた。時々汽笛も聞こえます。
街のそばでも、自然を感じれる環境に感謝。

ありゃりゃ支離滅裂^^;
んでもね、
それでも人は素敵だから、同じ時代に生まれたのだから
一緒に幸せを作って生きたいと思います。ね☆